スイスアルプス便り

スイスのインターラーケンとサンモリッツにある、日本人経営の旅行会社    <ジャパニーズインカミングサービス>のブログ

季節の行事

オクトーバーフェスト!

2016-09-23-03-03-07


 今年もこの時期がやってまいりました、オクトーバーフェスト(Oktoberfest)。最近は日本各地でも開催されていてすっかり有名になりました、毎年ドイツはミュンヘンで開かれる世界最大のビール祭りです。オクトーバー(10月)と言いつつも9月中旬から始まり、10月3日前後に終了します。ちょっと紛らわしいですね。
 このビール祭り、スイス人も大好きです。好きすぎて、チューリッヒの中央駅にはオクトーバーフェスト仕様の巨大テントが登場しました。その名も“チューリ・ヴィーズン(ZÜRI WIESN)”。ヴィーズンとは牧草地や草っ原を意味する単語ですが、ミュンヘンでお祭り会場となる敷地名テレージエンヴィーゼ(Theresienwiese)を短縮&バイエルン方言化して、オクトーバーフェストの別名として使われています。つまり、“ZÜRI WIESN”とは「チューリッヒのオクトーバーフェスト」 
 入り口付近もご覧のような大盛況。バイエル仕様の民族衣装に身を包んだ老若男女が。。。一瞬ここかスイスである事を忘れそうになりました。二日前まで、本家のビール祭りに行ったばかりだったので、テントの中には入りませんでしたが、隙間から覗いてみたトコロ、本家も真っ青なくらいに皆さんノリノリでした。今年は10月8日まで開催しています。期間中にスイスにいらっしゃる方で、ドイツまでは足を伸ばせないという方は、ちょっと一杯寄り道してみるのも良いのではないでしょうか。

閑話休題

2016-09-19-23-01-08

 そして、こちらは本家のオクトーバーフェスト。ミュンヘンのお祭り会場です。我々が訪れた際にはあいにくの雨模様。平日の午後という事もあって、例年に比べると少ない人出でした。こちらは42ヘクタールの広大な会場に、ビールテントの他にも、ジェットコースターやお化け屋敷といった移動遊園地や綿あめやりんご飴、チョコバナナといったスイーツ屋台や軽食スタンドなど、大人から子供まで楽しめる非日常空間が出現しています。ビールテントの方は、ミュンヘンの6大醸造所の直営巨大テントが14個に、各ビールメーカーと繋がりの深い業者が運営する中型テントが幾つも、ちょっと変わったところでミュンヘンのセクト(スパークリングワイン)メーカーの直営テントなんかもあります。ビール好きには本当に夢の様なお祭りです。
 
2016-09-19-23-05-52

 ミュンヘン発の世界的ビールメーカーLöwenbäuのテント横。塔の上回転する、ビールジョッキを抱えたライオン君がトレードマークです。その先にはPaulanerのテント。

2016-09-20-04-06-08

 テント内部。今回お邪魔したのは、お魚屋さんのテント「Fischer Vroni」これでも小さい方なんですよ。ちょっとブレてしまいましたが、奥の高台が楽団の場所。皆さん既に盛り上がっておりまして、ベンチの上に立ち上がって、歌って踊っております。会場内は全て8から10人がけのベンチ&テーブルで、相席は当たり前。これがバイエルン地方の流儀なんです。初対面でも、最後は一緒になって歌って踊る。ビールがコミュニケーションの潤滑油ですね。

IMG_4441

 こちらがオクトーバーフェストビール。このテントのビールはミュンヘンっ子に一番人気のAugustinerです。会場内では一杯1lのジョッキのみ。ソフトドリンク等は500ccもありますが、ビールはワンサイズ。この時期にしか販売されない限定ビールです。しかもアルコール度数が通常ビールよりも高めなので、飲み過ぎにはくれぐれもご注意下さい。ちなみに、このビールは会場内でもビールテント内もしくはテント併設のビアガーデンでしか飲めません。会場内でも屋台では飲めないし、スパークリングワイン屋さんのテントでも飲めません。やっぱり、皆んなで楽しみながら飲みましょう!ということなのでしょう。
 
 日本各地のオクトーバーフェストやチューリッヒのお祭りを楽しむのも良いけれど、この季節にヨーロッパをお訪ねであれば、ぜひミュンヘンまで足を運んでみて下さい。お酒が飲めなくても、一見の価値はありますよ。ただ、フェスト期間中のミュンヘンのお宿は満杯状態。お値段も上がっております。ミュンヘンに泊まって、ビールを堪能したいという方は、早めに計画、早めに宿を押さえる事をお勧めします。ちょっと雰囲気だけでも、という方は近郊の町に滞在して日帰りというのも良いのではないでしょうか。

さか
 






 

アイガーウルトラトレイル2016

先週16、17日と開催されたアイガーウルトラトレイル2016
を見に行ってきました。 
今年で開催4回目となる今回、念願叶ってみることができました。

大会の前日まで雪が降るというハプニングの中、
本番当日は 天晴れの快晴!

01_IMG_0339

朝4時半にスタートしてから101kmの選手でもトップ群は夕方には
ゴールするそうで、スタンバイして待っていると。。。

02_IMG_0340

きました!
スイス人ランナーPezos Diego選手!

ぶっちぎりです!

03_IMG_0341

2位の選手に1時間以上の差をつけてのゴールでした。
まだまだ走れそうです!

日本の選手のゴールも見ることができました。
続々と選手がゴールしてきます。
選手の皆さん、とってもいい顔です。

Pezos Diego選手が、天を仰ぎながら投げキッスしているところ
とても印象的でした。

選手の皆さん、大会を支える皆さん、お疲れ様でした。
これからも走り続けてくださいね。


伊藤

 

インスブルックのクリスマス市

IMG_3070_2

 11月も下旬になりました。先週末からカトリック圏のドイツ語圏ではAdventに入りました。これはクリスマスから4週間前の金曜日から始まるのですが、この季節の風物詩としてクリスマス市があります。本場ドイツでは、今年は11月21日から各地でマーケットがオープンしています。

 プロテスタント圏が多いスイスではあまり多くないようです。そこでというわけではないのですが、所用でお隣のオーストリアに出かけたついでに、古都インスブルックのクリスマス市にお邪魔してきました。
 インスブルックはチロル州の州都で、かつてはハプスブルグ帝国の首都でもあった街です。イン側に架かる橋というその名前の由来の通り、イン川の通航税を徴収することから始まりました。周囲を岩山に囲まれた天然の要害、一方では南にはイタリアに至るブレンナー峠、北にはドイツへ抜ける街道とアルプスの十字路、交易の要衝として発展してきました。現在でもオーストリア東部の政治/経済の中心地であると同時に、中世そのまま佇まいを残した旧市街と冬季オリンピックをはじめとした、国際的な各種の競技会が開かれるウィンタースポーツが支える観光地として賑わっています。インスブルックには大学もあり、若者たちの街でもあります。
 今回訪ねたのは、旧市街のはずれ、イン川沿いの広場に作られたマーケット。ノルトケッテ(Nordkette)の岩山を背景にしたクリスマス市というのは、数ある中でもここだけではないでしょうか。クリスマス市では、ツリーの飾りなどクリスマスの装飾品や雑貨などの屋台の他、食べ物飲み物の屋台が並んでいます。一番の名物といえば、グリューワイン(Glühwein/ホットワイン)でしょうか。ワインにシナモン等の香辛料を入れて温めたお酒です。寒い中、お店をひやかして冷えた体を温めるのにはもってこいの飲み物です。アルコールに弱い方や子供向けにノンアルコールのプンシュ(Punsch)もあります。お店によって少しずつ味も変わるので、はしごしながら飲み比べてみるのも良いですね。ちなみに、クリスマス市で売られるグリューワインの器はその年限定で作られる陶器製。毎年柄や形が変わり、大抵2,3Euroのデポジットを取られます。飲み終わって、コップを返却するとデポジット分は戻ってきますが、もし気に入ったコップがあれば、そのままお持ち帰りできます。お土産におひとついかがでしょうか。

IMG_3072_2

旧市街にも屋台が所狭しと並んでいます。写真奥の建物はインスブルックのシンボル“黄金の小屋根(Goldene Dachl)”です。

IMG_3073_2

凱旋門と雪山の組み合わせもこの街ならでは。
ギャラリー
  • 春スキー
  • サンモリッツアルペンスキー世界選手権
  • サンモリッツアルペンスキー世界選手権
  • 新年明けましておめでとうございます
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!