スイスアルプス便り

スイスのインターラーケンとサンモリッツにある、日本人経営の旅行会社    <ジャパニーズインカミングサービス>のブログ

Genferseegebiet(レマン湖地区)

Golden Pass Line

Golden Pass Lineは、スイス中央部のルツェルンから南西部のモントルーまでを結ぶ、スイス横断の鉄道です。沿線の景色が美しいことで知られており、いつか乗ってみたいと思っていました。
3つの鉄道会社の路線で繋がれているのですが、このうちインターラーケンからモントルーまでの部分に乗ってきました!


この区間、前半は緑が美しい牧草地を走り抜けます。
(あいにくの霧雨…)
IMG_1608


 後半、モントルーに近づくにつれ、レマン湖を見下ろしながら下って行きます。
IMG_1255


沿線周辺には、モントルーはもちろん、グシュタードやヴヴェイなど、魅力的な観光地がたくさん!
みなさまも是非どうぞ!!

くらもち 

レマン湖へ

レマン湖沿いの街のLausanneからは、
フェリーにてフランスのevianまで30分ほどで渡ることができます。

Lausanneの駅から、Ouchy駅まで10分ほど地下鉄で移動して、
そこからフェリー乗り場へ向かい、いざフェリーに乗り込みます。

IMG_20180821_181212

IMG_20180821_181522

船の先頭にはフランスの国旗が、後ろにはスイスの国旗が掲げられています。
いざフランスへ。

evianでは、ペットボトルのお水で有名なevianの源水を汲んでくることができます。
フェリー乗り場から歩いて10分もせずに到着しました。

IMG_20180821_190512

水はマイルドで甘みがあり、ごくごく飲めます。

フランスまで出かけても、
帰りは世界文化遺産にも登録されているラヴォー地区のブドウ畑の中をハイキングして、
ワインの試飲や購入をしても日帰りで帰ってこれます。

IMG_20180821_220334


湖のお船の旅もいかがでしょうか?



伊藤


アルプスの天然水

IMG_4740


 湖上から失礼いたします。ローザンヌの街を後にして、レマン湖を真っ直ぐに南下。湖上で国境線を超えまして、至はミネラルウォーターの名産地として、世界にその名をはせるエヴィアン・レ・バン。レマン湖を挟んで真向かいにある、ローザンヌから35分ほどの船旅です。

IMG_4742

 エヴィアンの港に到着しました。湖畔には遊歩道とカジノやホテル、レストランが立ち並んでいます。中心部は東西に2km程、のんびり散歩を楽しむのに丁度良い広さでしょうか。

IMG_4747

 路地の奥、正面のアールヌーボー風の建物は、エヴィアン水の水源「カシャの泉」に隣接した飲水療養施設の入り口。

IMG_4751

 1903年に建てられた施設で、現在はエヴィアン社の所有物。上部に「カシャの泉」とレリーフで書かれています。

IMG_4758

 飲水療養施設の反対側に回ってきました。こちらに水源があります。

IMG_4759

 エヴィアンには複数の水源があり、どこの泉からも市販のミネラルウォーターと同じエヴィアン水が流れ出ています。ボトルさえあれば、無料で汲み放題です。そんな水源の中でも最も有名なのが、こちら「カシャの泉」。1789年にフランスの公爵がこの泉の水を飲んだところ、持病の腎臓結石が治った事から、エヴィアン水は有名になりました。

IMG_4760

 19世紀後半からは飲水及び、エヴィアン水を利用した温浴の保養地として賑わい、ホテルやカジノが建てられ、現在に繋がるリゾートに発展しました。

IMG_4749

 「カシャの泉」にほど近く、やはりアールヌーボー調の建物。こちらは街の背後の丘陵へ登るケーブルカー乗り場。氷河地形のレマン湖に面した街だけに、街は斜面に出来上がっています。歩いて登るのはちょっと大変なのですが、ケーブルカーで上がれば楽チンです。

IMG_4755

 1907年に運行を開始したこちらのケーブルカー。1969年に一度その運行を終えましたが、2002年にリニューアルして運行再開。といっても車体は100年前のまま。そもそも丘の中腹に立つホテルが運営している事もあり、完全無料。採算性を考慮しなくて良いせいか運転手さんも暢んびりしています。ノスタルジックな気分に浸りながら車窓の旅、いかがでしょうか。ちなみに冬季は運休しています。

IMG_4767

 ノートルダム・ダソンプシオン教会の斜向かいに観光局があります。教会周辺では週に二度程朝市が立っています。午後には店じまいしてしまうので、興味のある方は午前中にお尋ねになることをお勧めします。

さか
 

5月の雪

P1010694P1010688P1010672
5月の雪と言われる、ナルシスを見に行きました。5月末に行きましたが、ちょうど満開。お天気も良く、ナルシス畑の中を幸せな気持ちでハイキングました。ナルシスに会いに来ませんか?とっておきの場所へご案内いたします。ガイドのご用命は、下記まで。

jis.chako@bluewwin.ch

いいの@モントルー

レマン湖畔の村 「イヴォワール」(フランス)

image

世界遺産のぶどう畑の絶景を車窓から眺めて、レマン湖の遊覧船でスイス・フランス国境からの景色を楽しみながら、フランスの可愛い村を訪ねてみませんか?

image

スイスのレマン湖畔の町ニヨンからフェリーで30分。そこはもうフランス“Yvoire”(イヴォワール)です。中世の街並みが残る歴史ある村で、フランスの最も美しい村として認定されています。

船着場すぐには湖岸のホテルレストランやアイスクリーム屋さんがあり、坂を上ると“Grand Rue”(大通り)という名のメインストリート。…といっても、雑貨屋さんやレストランが軒を連ねる小道なんですが、鮮やかな色彩の花々は、石造りの家々や石畳みの道と相性抜群。思わずシャッターを切ってしまう可愛さです。
image

image

そして何と言っても目を引くのが雑貨屋さんです。レースや刺繍が施されたティッシュカバーやテーブルランナー、トイレットペーパーホルダーなどのインテリアアイテムから石鹸やサシェなどの小物まで充実しています。様々な香りが選べる石鹸は1ユーロ前後からあり、お土産としても最適です。
夏のスイスでお土産と言っても、チョコレートは溶けやすいし…チーズは重たいし沢山は買って帰れないな…なんて考えている方には是非おすすめの品々です。
image

時間があればレマン湖のほとりのレストランで、きらめく湖と青い空、対岸のスイスを眺めながらゆっくりランチはいかがですか?優雅なひとときを楽しめます!
image


なつめ
ギャラリー
  • 黄金の秋、到来です!
  • 黄金の秋、到来です!
  • 黄金の秋、到来です!
  • グラールス・アルプス
  • グラールス・アルプス
  • Golden Pass Line
  • Golden Pass Line
  • Ueschinenの岩場
  • Ueschinenの岩場