スイスアルプス便り

スイスのインターラーケンとサンモリッツにある、日本人経営の旅行会社    <ジャパニーズインカミングサービス>のブログ

Bahn(鉄道)

ユングフラウ鉄道のラッセル車

IMG_3312

 ユングフラウ鉄道にはこんなお茶目な除雪用車両があります。実は結構な年代物で、昨年辺りに綺麗に塗り直されました。以前からお顔があったけれど、ここまで凶悪?な表情ではなかったような。リニューアルされて、どんな大雪にも負けなそうな力強い子に生まれ変わりました。
 これからの季節、走っている姿を見ることはないかもしれませんが、車庫の周辺によく止まっているので、クライネ・シャイデック周辺にお越しの方は是非探してみてください。

アルブラ鉄道博物館

IMG_2683

 世界遺産の鉄道路線でありスイス屈指の観光路線、氷河急行とベルニナ急行を運行している、スイス最大の私鉄レーティッシュ鉄道は今年、その運行開始から125周年を迎えました。今回訪れたのはレーティッシュ鉄道の全てが分かる鉄道博物館アルブラです。クールからサンモリッツに向かうアルブラ線のほぼ中間点に位置するベルギュン駅に2012年に開館しました。

 鉄道施設の一部を改築して作られた博物館前には旧型の機関車が展示され、入口に上がるスロープは古い貨物台の上につながっていて、遊び心に溢れています。入口部分左側は駅窓口、博物館へは右手のショップ兼カフェの方から入ります。こちらのカフェも昔の車両の座席を使用したりと、古き良き時代の鉄道の雰囲気を満喫出来ます。

 チケットを購入して中に入ると、まずは125年の歴史で使用されて来た機関車や車両の写真が次々と映し出されていました。その先には、鉄道模型で作られたレーティッシュ鉄道の姿。

IMG_2685

 駅の様子や、ラントヴァッサー橋の様な見所まで、細かく作られています。時間帯が合えば、係の人が模型を走らせているのに出会えるかもしれません。

IMG_2692

 開館から既に2年が経っていますが、この模型はどうやら未だに建築途中。スイスの方は気が長いです。

 ここまでが、1階部分。本格的な展示は2階になります。レーティッシュ鉄道が設立された経緯、世界遺産に指定されたアルブラ線とベルニナ線の建設計画の推移や建設時の詳細、かつての駅舎の様子やその変遷、新旧従業員の証言や現在の運行制御パネルまで、往年のポスターや写真、パネル、模型、印刷機の実物等の様々な展示品を通して体感する事が出来ます。ただ眺めるだけでなく、手で触れて、遊びながら学べる様な仕掛けも随所にあり、大人から子供まで楽しめるようになっています。鉄道ファン必見。説明書きはドイツ語、イタリア語、英語の3カ国語です。空間的にはそこまで大きくはないのですが、内容は非常に濃いので、お時間には余裕を持ってお出かけ下さい。

さか

ユーレイルパス利用されるかた、ご注意ください

Photo0185
今日、仕事のためインターラーケンオスト駅に行ったところ、新しい標識がプラットフォームにできていました。「EURAIL NOT VALID」と書いてあります。

鉄道パスは、慣れない窓口や自動販売機で切符をいちいち買う必要が無く、とても便利です。スイス国内で通用する鉄道パスはいくつかありますが、大きく分けてユーレイルパス系とスイストラベルシステム系があります。

ユーレイルパス系は、ヨーロッパ全体もしくは隣国どうしの数カ国で利用可能な鉄道パスです。ユーレイルグローバルパス、ユーレイルセレクトパスなどの名称が付いています。基本的に各国の国鉄線(もしくは民営化された旧国鉄)で利用でき、山岳鉄道やポストバスでは乗車券として通用しません。国鉄と私鉄が相互に乗り入れているスイスでは、利用できる交通機関が分かりにくく、思わぬところで利用制限がかかることがあります。

スイストラベルシステム系は、スイス国内の加盟している鉄道路線、湖上汽船、山岳鉄道、ポストバス、大都市の公共交通機関などで利用ができ(一部の私鉄・ポストバス・山岳鉄道では25~50%割引)、スイス国内のみでの利用には断然お得です。スイスパス、スイスフレキシーパスなどの名称です。

そこで、冒頭の新しい標識に戻ります。インターラーケンオスト駅には私鉄の三社、BLS(ベルン・レッチベルグ・シンプロン鉄道)、ZB(スイス中央鉄道)、BOB(ベルナーオーバーランド鉄道)が乗り入れています。このうち、ベルンからのBLSとルツェルンからのZBはユーレイルパス系を追加料金無しで利用可能なのですが、ここからユングフラウ地方に向かうBOBはユーレイルパス系を利用する場合は追加料金が必要なのです。利用できると思っていた鉄道が利用できなかったとしたら、追加料金を払うことになったら、特に値段の高い山岳鉄道、ちょっとショックですよね。標識ができたと言うことは、たぶん、かなりの人がユーレイルパスを利用できると思いこんでいたのではないでしょうか?

以上の情報は2014年8月31日現在の情報を元にしています。鉄道パスの利用範囲などの詳細は常に改訂されています。詳細は各鉄道パス発行会社にお問い合わせください。

つちや

直行TGVがパリからインターラーケンまで乗り入れています

今日のベルナーオーバーランド地方は雨が降っていましたが、ツェルマットのあるヴァリス州は雲が多いものの晴れの天気でした。九州ほどの大きさの小さなスイスと言っても、アルプスの高い山脈を越えると天気がだいぶ違いますね。明日から数日間は良い天気予報が出ており、インターラーケンの気温も25度ほどまで上昇するようです。

sIMG_6185

2012年12月のダイヤ改正から、一日一本、パリのリヨン駅からバーゼル経由でインターラーケン・オスト駅までTGVがやってくるようになりました。夜遅くだったので、今まで見に行く機会がなかったのですが、昨夜、ちょっとがんばって駅まで写真を撮りに行ってきました。

TGVはフランス国鉄が誇るフランス版新幹線。試験走行では時速574.8kmを2007年に記録し、営業路線では最高速度時速320kmで運転しています。フランス国内のネットワークの他、スイス、ベルギー、オランダなどにも乗り入れています。

sIMG_6181
パリのリヨン駅(Gare de Lyon)を18時23分に出発したTGV Lyria 9225号は、ディジョン、バーゼル、ベルンを経由して5時間30分近くかけ、23時48分にインターラーケンヴェスト駅、23時53分にインターラーケンオスト駅に到着します。パリでの一日観光をたっぷりしたあと、このTGVに乗れば、その日のうちにアルプスの麓のインターラーケンに到着でき、限られた旅行期間を最大限に活用できます。この日も、多くの観光客がTGVからインターラーケンに降り立ちました。

パリ行きのTGV Lyria 9214号はベルン駅9時10分始発、パリのリヨン駅には13時37分到着します。インターラーケンからはスイス国鉄のIC特急に乗り、ベルン駅またはバーゼルSBB駅でTGV Lyriaに乗り換えます。

sIMG_6188
TGV Lyriaを運営しているリリア社はフランス国鉄(SNCF)とスイス国鉄(SBB)の合弁会社で、フランスとスイスを結ぶTGV路線を運営しています。パリのターミナルはリヨン駅。パリ地下鉄1号線を使えば、リーブル美術館やシャンゼリゼ通りなどまで簡単にアクセスできます。

TGV Lyriaは、パリ~バーゼル~チューリッヒ間を一日約5往復(所要約4時間)、パリ~ジュネーブ間を一日6~10往復(所要約3時間)、パリ~バーゼル~ベルン(~インターラーケン)間を一日1往復(インターラーケンまではパリ発のみ、所要約5時間30分)で運行しています。パリからスイス各地へ訪れるさいには、是非ご利用ください。便利ですよ。

つちや

スイス国鉄のスターバックス特急

サンモリッツ出張から帰ってきました。今年はエンガディン地方でも天候が不順なようですが、ベルニナ特急のガイドしたお客さまは、晴天に恵まれ、途中のディアボレッツア展望台からはピッツ・ベルニナがきれいに見えました。

sPhoto0165

インターラーケンからサンモリッツへ移動した際、ベルン駅からチューリッヒ中央駅まで乗ったIC特急電車のレストランがスターバックスに改築されていました。

SBB(スイス国鉄)のホームページを見てみると、2014年5月9日からジュネーブ空港駅~ベルン駅~チューリッヒ中央駅~チューリッヒ空港駅~サンクトガレン駅間を1日4往復しており、スターバックス店舗と同じ商品が楽しめるようです。車内は木を多用した暖かみのあるデザインで、テーブルの番号のデザインなどもちょっと凝っています。

SBBのホームページには時刻表やメニューも掲載されています。また、このスターバックスとスイス国鉄のプロジェクトを紹介したビデオもあります。
http://www.sbb.ch/en/station-services/on-the-train/rail-catering/starbucks.html

今まで、食堂車はちょっと高いからと敬遠していたかたにも、気軽に軽食をいただくことができますね。スイスにいらした際には、是非乗ってみてみてください。

つちや
ギャラリー
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 栗祭り、開催中
  • Salbit South Ridge(ソルビット南稜)
  • Salbit South Ridge(ソルビット南稜)
  • Salbit South Ridge(ソルビット南稜)