スイスアルプス便り

スイスのインターラーケンとサンモリッツにある、日本人経営の旅行会社    <ジャパニーズインカミングサービス>のブログ

Ostschweiz(東スイス地方)

アッペンツェルへ

スイスの北東にある町、アッペンツェルは4000m級の山も氷河もない場所にちょこんとあります。
アッペンツェル付近で有名な場所は世界遺産の修道院もあるザンクト・ガレンですが、そこから電車で45分ほどの位置にあります。

アッペンツェルで有名なのはアッペンツェラーチーズ。です。
アッペンツェラーチーズはスイスの中でも長い歴史を持ちます。
そんなチーズが生まれた町はチューリッヒやベルンのような都会でもなく、グリンデルワルトやツェルマット、サン・モリッツのような観光化もされていない、とてものどかな場所でした。

P6111026

駅を出てまっすぐ歩いていけばすぐに町の中心地に着きます。
ここにはたくさんのお土産屋さんがあり、アッペンツェラーチーズから民芸品、カウベル、チョコレートなどスイスの定番のお土産はここでも買えます。

P6111035

私たちは行きませんでしたが、アッペンツェラーにはビール醸造工場もあります。
そのためか、アッペンツェラーのラベルが貼ってあるビール瓶も並べてありました。
瓶だけでも可愛くてお土産にしたいくらいです。

ちなみにウィンドウディスプレイでもう1つ目に留まったのはこちら↓。

P6111028

こちらはチョコレート屋さんでしたが、この奇抜な色の蝸牛ときのこの山はどうやらケーキのようですが、なぜ飾られてあったのかは不明。
ただ何とも言えないセンスと可愛らしさに思わずパシャリ★

因みに別のチョコレート屋さんで売られていたアッペンツェルの伝統のお菓子をお土産に購入しました。
それがこちら↓

P6102056

名前はビバリというもので、間には日本で言う白あんみたいなものが挟まっています。
味は同じく日本のおみやげ「ひよこまんじゅう」に食感も似ていますが、唯一の違いは食べたときにくちに広がるニッキ(?)の香りです。

これは↑1つで3.3フランでしたが、これよりももっと小さい一口サイズのものが個包装で町の商店でも売っていましす。
ただ、チョコレート屋さんで買うとそのお店の味になるので、いろいろ買って自分好みの1品を探してもいいかもしれません。
因みに一口サイズの個包装のものなら、スイスのスーパーでも買うことができます。
売っているスーパーの地域は問いませんので、バラまきできるスイスのお土産としても最適です。


話は再び町散策に戻り、次に目にしたのは町にある噴水の裏にたたずむおもちゃ屋さん。
こちらも建物の形も壁面の絵も可愛らしく、何より店の前に並べられた小人たちがすごかったです。

P6111031


せっかくなので小人のアップをご紹介(笑)

P6111032

大小さまざまな小人がいい顔して並んでいますね。
女の子も2人見受けられますが、とりあえず小人たちはなぜ皆赤い帽子をかぶっているのか、時々やたらファンキーな表情の小人がいるのかも気になりますが、素晴らしいインパクト!

こんなユーモラスなお店があるアッペンツェルにぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

町自体はとても小さいので町散策だけなら2時間も掛からないかと思います。
因みに私たちは午前中から夕方までヴァッサーラウエン(Wasserauen)でハイキングを楽しんだ後に訪れました。
ヴァッサーラウエンからアッペンツェルまでは電車で10~15分ほどです。
電車は30分に1本なので、ハイキング後に町散策をする場合は電車の時間を意識しながら歩くことをお勧めします(^^)

アッペンツェルまではチューリッヒから電車を1度乗り継いで2時間ほどです。
Appenzeller Bahnenの車窓からの景色もとても素敵なので(とくにアッペンツェル以降)お時間あればぜひ立ち寄ってみて下さい(^^)


みどり🍎



アッペンツェルハイキング 後編

前回のアッペンツェルのハイキングの続きです(^^)

エーシャでの昼食をあきらめて山道を下った私たち、ぬかるみの多かった道が終わりを告げると、ようやく湖
Seealpseeにたどり着きます。
私たちは、ここでちょっと遅めの昼食をとりました。
湖のそばにはレストランは2つあったのですが、私たちが選んだのは湖の畔のレストランBerggasthaus Seealpseeです。

メニューはドイツ語だったので私はほとんど読めませんでしたが(苦笑)、店員さんに聞いたら英語のメニューもあったのかもしれません。
ですがドイツ語が堪能なガイドが1名いたので、私たちはその方に通訳していただいて、料理を選びました。

私たちが注文したのは下の写真で左手前から時計回りに、(スイスの名物)アルペンマカロニとソーセージのセット、サラダ、ポテトフライ、(アッペンツェルのチーズを使った)パスタとシュニッツェルのセットです。
因みに中央にある透明な器に入った薄オレンジ色のものはアルペンマカロニにかけるリンゴのソースです。

P6102038

個人的にお気に入りはパスタとシュニッツェルのセット(写真右手前)です。
パスタは一見緑色のニョッキという感じなのですが、アッペンツェラーチーズをつかっていて、それがよく絡んでおいしいんです!
シュニッツェルもよく味が染みているので何もかけないでおいしくいただけます(^人^)
そしてサラダもソーセージやチーズ、ジャガイモにピクルス、人参などなど、本当にたくさんの野菜がのっていてこれだけでおかずになるくらいボリューム満点です!
そんなお食事をみんなでシェアして食べて飲んで、久しぶりのお天気と景色を味わいながら堪能しました。

そして食後は湖畔を一周して駅まで戻るルートをとりました。
途中でチーズを売っている小屋があったのでそこで寄り道+お買い物(^^)

P6102045

ここでは牛のお乳で作ったチーズはもちろん、ヤギのお乳で作ったチーズも売っていました。
しかも牛のチーズは普通のチーズだけでなく、ニンニクなどを混ぜて作ったものもありました。
ちなみに何も混ざっていない普通のチーズは完熟のものとフレッシュなもの2種類あるそうです。
とりあえず私たちはヤギの完熟チーズとニンニク入りの牛のチーズを頼み、ついでに味見をさせていただいて購入しました(^^)

P6102046

チーズはその場でカットしてくれたので、希望の大きさを言ってカットしていただけます。
チーズはその場で切ってもらったため真空パックはしてもらえませんでしたが、フレッシュチーズは真空パックして売ってありました(ただし味見は不可)。
因みにここのチーズかなりお値段はリーズナブルでおいしかったです。
なので私たちは全員お土産を購入して帰りました(*^^*)

P6102044


そしてお買い物を楽しんだ後はいよいよハイキング後半戦です。
とはいえ、まずは湖の畔を歩くので山歩きというよりかは本当にハイキング、という感じです。
私たちが行ったときはちょうどこの場所は放牧の時期だったので牛もたくさんいました。


P6102050

ここの牛さんたちは別嬪さんが多く、きれいなお顔の子たちばかりでした。
この日は久しぶりに好天に恵まれ、気温も高かったからか、牛たちも水浴びしていました(笑)
因みに牛の奥に見える建物は私たちが昼食をとったレストランです。

湖畔沿いを歩いていて驚いたのは湖の中から花を咲かせる植物です。
キンポウゲは湿った場所に咲くことが多いのですが、ほかの花々も水の中でも生き生きと育っている姿に非常に驚きました。
しかもちゃんと花まで咲かせて!!

P6102048

透明に澄んだ水が水面の下には青々とした葉が見え、そして水面にうつる空の色が新たな彩をそえて本当にきれいな光景でした。
私のカメラの腕前ではそれをきれいに写真に収められなかったのが残念です(><)

この様子が常に見られるのか、今シーズンは雨が連日降り続いたため、湖の水が増水してこのような景色を生んだのかは不明ですが、とにかくとても神秘的というとちょっと大げさかもしれませんが、そのような光景が見れて
さらに嬉しくなりました(*^-^*)

そんな湖畔の道をすぎると少しずつ坂を上っていきます。
坂と言っても緩やかなものだったので景色を楽しみながら歩けます。
そして坂があるおかげでコース上に咲く花々が視界の半分を埋めてくれました!

P6102053


今回のハイキングはとにかく景色が最高だったので、写真選びが大変でした(笑)
どこを撮っても絵になるんです。
足元に咲き誇る花々、スカッと晴れた青空と空を彩る少しの雲、そして空に切り込む切り立った崖の山。
レストランでおいしいお食事を食べた私が言うのもなんですが、お気に入りの風景の場所で、こ素晴らしい景色をおかずにお弁当を食べるのもハイキングの醍醐味ではないのかな、と思いました。


みどり🍎

エーベンアルプからゼーアルプゼーへ

チューリッヒ駅から電車で約2時間の場所にあるエーベンアルプへハイキングに行ってきました。まずは麓のWASSERAUENからロープウェイでEBENALPへ上がります。

image


訪れた日は快晴で、ボーデン湖とその先のドイツやオーストリアまで見渡すことができました。そして空にはたくさんのパラグライダーが気持ち良さそうに宙を舞っていました。そんな眺めの中ハイキングはスタートです。

image


スイスらしいのどかな風景を楽しみながら下っていきます。すると突如、ルート上に洞窟が現れます。自然のアトラクションのようでちょっとワクワクして入ってみると、足元は薄暗く濡れていて滑りやすいところもありますが、太古の昔からある、天然の洞窟ならではの神秘的な空気感を肌で感じることができます。

image


そしてそして洞窟から2〜3分、このルートの1つ目のハイライト、エッシャー小屋に到着です。1度目にすると忘れることのないこのインパクトある景色に、余計な説明は不要ですね。

image

image


本当はここでランチを、と思っていましたが、お昼時とあって大混雑。潔く諦め、2つ目の目的地へ向かいました。

image


ここからは幅の狭い山道を下ること50分。

image


2つ目のハイライト、ゼーアルプゼーに到着です。雲ひとつない青空にセンティス山が凛とそびえていました。きっと季節や時間帯によって、この湖からの風景も変わるのでしょうね。早朝や夕刻の眺めも見てみたいものです。

image


今回はエーベンアルプからゼーアルプゼーまで、ゆっくり写真を撮りながらの約1時間半ほどのハイキングをご紹介しました。短時間で全く異なる景色を次々に楽しめる、見る者を飽きさせない風景が広がるそんな場所でした。

ハイキングはしないという方でも、アッペンツェル駅から電車でわずか10分のところにロープウェイ駅がありますので、アッペンツェル観光とセットで、エーベンアルプからの展望を楽しんでみてはいかがでしょうか。

なつめ

大鷹の城を訪ねて

2016-06-07-20-30-36

 ヨーロッパ有数の名家にして、16世紀には「日の沈まぬ大帝国」の主であったハプスブルク家の祖先がスイス出身である事をご存知でしょうか?スイス最大の都市チューリッヒから、北西約30kmに位置する基礎自治体ハプスブルクに、その名の元にもなったハプスブルク城があります。
 この城が最初に建てられたのは11世紀の事。後のハプスブルク家がその家名をまだ持たなかった頃のお話です。伝説によれば、創建者ラドボートが狩りの最中に行方をくらました鷹を探すうちに、この高台の地に辿り着き、ここに城を築く事を決めたのだそうです。そこからこの城は「大鷹の城(Habichtsburg/ハビヒツブルク)」と名付けられ、それが転訛して「Habsgurg(ハプスブルク)」になったのだとか。他にも異説はあるそうですが、この城を拠点としてこの一族が伸張していったのは確かです。「ハプスブルク」と呼ばれるようになった彼らは、13世紀にはキーブルク家の所領を獲得して領土を拡大し、更にはルドルフ1世がドイツ王になり、歴史上にその名が現れ始めます。
 
2016-06-07-20-58-26

 その後もハプスブルク家は順調にその勢力を拡大して行きますが、同時期に中央スイスでは、ゴッタルド峠の開削に伴う経済の伸張があり、結果としてハプスブルク家はスイスでの基盤を失い、オーストリア方面にシフトして行きます。その後、オーストリア家とも呼ばれながら、大帝国の主となりますが、その栄光も第一次世界大戦を持って終わりを告げます。そして、帝位を追われた最後の皇帝が亡命した先もスイスでした。ちょっとした歴史の皮肉ですよね。

2016-06-07-20-34-08

 
 さて、今日に続くヨーロッパ史の原点とも言えるハプスブルク城に行くには、近郊の町ブルック(Brugg AG)までチューリッヒから鉄道で、そこからはバスで12分程。ただし、このバスの本数は大変に少ないので要注意です。足に自信のある方でしたら、ブルック駅からのハイキングをお勧めします。片道約4km程。

2016-06-07-20-01-46

 森林保護区の中を緩やかに登って行きます。約1時間半程の、のんびりとしたハイキング。現在ハプスブルク城はレストランになっているので、ハイキングの後に一息つきながら、悠久の歴史に思いを馳せるのも一興ではないでしょうか。

2016-06-07-21-08-29

 最寄りのバス停から。奥に見えるのがハプスブルク城です。

 急峻な山や谷とハイジの世界で有名なスイスですが、実は意外にヨーロッパの歴史に深く関わっている国でもあります。チューリッヒ近郊の温泉地バーデンからこのブルックまでは、ハプスブルク家ゆかりの城をめぐるハイキングコースも整備されています。大自然の驚異だけではなく、ヨーロッパ史の一端に触れるスイスの旅、いかがですか?

さか

迫力はヨーロッパ随一「ラインの滝」

IMG_6731

もうすぐ6月、ハイキングシーズンの幕開けです。スイスと言えば山とハイキングというイメージが強いと思いますが、スイスは水のある絶景スポットも豊富です。そこでこれからの時期におすすめの場所が「ラインの滝」です。

ベルンから約2時間、チューリッヒからなら約1時間のところにあるので、日帰りでも気軽に楽しむことができます。

静かな山でのハイキングとは打って変わって、激しく水しぶきを上げて流れ落ちる滝の轟き、そしてその水量は迫力満点です。特にアルプスの雪解けが進むこの時期は、水量がさらに増すので、豪快な滝の姿を楽しむことができます。

滝へのルートは複数あるのですが、私のおすすめは、Schloss Laufen am Rheinfall駅からのルートです。駅近くにあるエレベーターでレストランやホテルがあるラウフェン城に上がります。そこから滝つぼに向かって下る遊歩道を進むと、滝の水しぶきに手が届くかも…という場所に展望デッキがあるのですが、そこからの眺めが圧巻です。目の前に迫る滝と、足元を流れゆく滝の水量には圧倒されます。遊歩道は有料で5フランが必要ですが、それ以上の価値はあります。

IMG_6757

もし時間に余裕があれば滝のすぐそばまでいける遊覧船も、コースに合わせて5種類あるので、夏の暑い日に雪解けの水しぶきを浴びに行くのも良し、ハイキングで火照った体のクールダウンにも良し、これからの季節に最適なスポットです。ぜひご一緒に行きましょう!

なつめ
ギャラリー
  • 春スキー
  • サンモリッツアルペンスキー世界選手権
  • サンモリッツアルペンスキー世界選手権
  • 新年明けましておめでとうございます
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!