スイスアルプス便り

スイスのインターラーケンとサンモリッツにある、日本人経営の旅行会社    <ジャパニーズインカミングサービス>のブログ

Interlaken(インターラーケン)

春ハイキング

P1010348

雪が降ったかと思うと、翌日は暑かったりと、まだまだ天候は安定しませんが、それでも山は少しずつ春めいてきました。

クロッカス一面の斜面とアイガーを見ながら、ハイキングをしませんか?とっておきの場所へご案内いたします。


ガイドのご用命は、こちらまで。
 jis.chako@bluewin.ch



いいの@インターラーケン

インターラーケンのクライミング

インターラーケンは、アイガー、メンヒ、ユングフラウ、(そしてヴェッターホルン!)といった山々への玄関口として有名ですが、実は良質な石灰岩の岩場もたくさんあるのです。 
登山はしないけど、フリークライミング(最近は’スポーツクライミング’ってか?)ならという方にもオススメです。



まずご紹介するのはグレッチャーシュルフト(Gletscherschlucht)の岩場。一番の売りは、アプローチの便利さです。グリンデルワルト駅前からバスで10分、バス停からは徒歩2分!
グレッチャーシュルフトのバス停にはレストランがあり、トイレも借りられます(2016年9月現在)。
P1210902



ここは講習会や親子連れが多く、関東でいえば「つづら岩」か「広沢寺」といったところ(ローカルな例えでスミマセン)。親子連れと言っても、よちよち歩きの子供がトップロープでしっかりとしたムーブで登っていてびっくり!
P1210908



グレードは2b(!)〜6c+、ルート数40本(2016年9月現在)。
P1210928



次にご紹介するエリアはヴィーセンフルー(Wissenflue)。
マルチピッチの岩場です。
P1220007



車がないとアプローチが厳しいですが、トゥーン湖を望む高台にあり、ロケーションは最高!
P1210977

P1210982



グレードは6a前後で、グレッチャーシュルフトでは物足りないという方には是非!
下の写真、向きはこれで合ってるんです。ルーフ下のトラバースからダイナミックにハング越え!
P1220017



最後にヒンティスベルク(Hintisberg)。ここも車がないとアプローチが厳しいですが、岩場からユングフラウ三山が一望できて、とても開放的です。(放牧やってるけど。)
P1210953



長期滞在して、あちこちのエリアを巡ってみてはいかがでしょうか?

もっち 

Eiger(アイガー、3970m)登頂

アイガーは、スイスの山の中でも日本人にとても馴染みの深い山です。
今日、一般ルートとなっているミッテルレギ稜からの初登頂を果たしたのは、1921年、日本の槇有恒氏の隊でした。
私はヴェッターホルン登頂の3日後、ミッテルレギ稜からアイガーに登ってきました。ヴェッターホルン同様、今回もスイス人の山岳ガイドさんをお願いしました。



ミッテルレギヒュッテ(Mittellegihutte、3355m)よりアイガーと日没
P1210187
 


アイガーに登るには、通常、1日目に稜線上にあるミッテルレギヒュッテまで登って1泊し、翌日、山頂を経てユングフラウヨッホ駅(Jungfraujoch、3454m)まで下山して列車でグリンデルワルト等に下リます。



入山時は、山麓のクライネ・シャイデック駅(2061m)からユングフラウ鉄道に乗り、アイスメア駅(Eismeer、3160m)で下車します。この駅は、なんとアイガーを貫くトンネルの途中にあり、山肌に開けられた出口から外に出て、登山を開始することになります。
外界への通路。下り階段ですが、谷川岳登山口の土合駅を思い出してしまいました。
P1210091



落石地帯を急いでトラバースし、3ピッチほどのフェースクライミングの後、狭い稜線の上にせり出して建てられたミッテルレギヒュッテに到着。今日はここで1泊です。駅からヒュッテまでは1時間半ほどですが、出だしのクライミングは「いきなりこれですか!?」というムーブで、先が思いやられます。
ちょうど、日本の人気番組の取材班が登頂した直後で、ゲストブックの2日前のページには彼女たちの名前がありました。
P1210122

P1210142



翌朝は暗いうちからヘッドランプをつけて出発。
暗いときの写真は撮れなかったので、ご来光の写真から。
左はシュレックホルン(Schreckhorn、4078m)。
右に見える、ちょっと離れた双耳峰のようなのがフィエーシャーホルン(Fiescherhorn、4049・3895m)です。
P1210227



振り返ると、3日前に登ったばかりのヴェッターホルン(Wetterhorn、3692m)も霞んで見えました。
P1210265



岩場のクライミングとロワーダウン、太いフィックスロープを掴んでの「ゴボウ登り」が続きます。
P1210238



フェースが終わったかと思いきや、細いリッジ。ガイドさんは ’普通に’ 立って歩いていますが、私は高度感から思わずサンテンシジになってしまいました。
山頂は右奥、あとちょっと。
左の、台形状に見える山はメンヒ(Monch、4107m)です。
P1210292



後続パーティー。
稜線、細いです。
転倒でもしようものなら、どちらの谷に落ちても・・・。
P1210298



ヒュッテから4時間ほどで山頂に着きました。
後ろの斜面はアイガー北壁。谷にはアイガーの影。
P1210324



クライネ・シャイデック側の谷にうっすらとガスが出て、ブロッケン現象が見られました。
P1210327



あとは下山するのみですが、やはり岩場のアップダウンやアイゼンの着脱があり、最後まで内容の濃いルートでした。
下山途中で、アイガー山頂側を振り返って撮った写真です。
P1210360


というわけで、当社ではスイス名峰登頂のガイド手配を承っております。
お気軽にご相談ください。

(E-mail)
jis.chako@bluewin.ch

もっち

Wetterhorn(ヴェッターホルン、3692m)登頂


P1210078

グリンデルワルトの駅に降り立つと、アイガー(3970m)とともに目に飛び込んでくる山、ヴェッターホルン(3692m)。
8月、快晴のある日、この山にWillsgratルートから登頂しました。
上の写真では、右奥から左上に向かうルートです。


ヴェッターホルンに登るには、まず1日目に、拠点となる山小屋のグレックシュタインヒュッテ(Glecksteinhutte、2317m)まで登り、2日目にそこから頂上を往復して、そのままグリンデルワルトまで下山するのが一般的です。


グレックシュタインヒュッテは、グリンデルワルトの駅前から登山口までバスで約20分、そこから3時間ほど歩いたところにあります。断崖絶壁につけられた登山道は、なかなかスリリングです。

P1200710

P1200754



ヒュッテのテラスからは、オーバラーグリンデルワルトグレッチャー(Oberer Grindelwaldgletscher、氷河)やシュレックホルン(Schreckhorn、4078m)が間近に見えて、とてもダイナミック!

P1200791



夕暮れ時に、シュタインボックが姿を現しました。

P1200850




翌朝、まだ暗いうちに、ヘッドランプを点けて出発します。
どこを歩いていいかよく見えず、ガイドさんの先導が頼りです。

P1200893



6:00過ぎ、ようやく明るくなってきました。
振り返ると、アイガーが朝陽にほんのりと染まっていました。アイガーから手前にのびているのが東山稜(ミッテルレギ稜)です。
写真右下の、まだ暗い谷間は、クライネ・シャイデック付近です。

P1200900



リッジのアップダウンとトラバースを繰り返し、最後は雪稜です。
岩場は、時としてホールドがペリペリと剥がれるので、気が抜けません。

P1200936

P1200969



ようやく頂上。この日は雲ひとつなく、360度の展望です。

20160823_095448_頂上



ヴェッターホルン山頂から見た、アイガー(左の尖った山)とクライネ・シャイデック(アイガーの影の辺り)、グリンデルワルトの村(右下の家々)。

P1200986


こちらは、シュレックホルン方面。
氷河が素晴らしい。

P1200994


グリンデルワルトへの下山時、特大エーデルワイスが見送ってくれました。

P1210070


当社では、スイス名峰登頂のガイド手配を承っております。
お気軽にご相談ください。

(E-mail)
jis.chako@bluewin.ch

もっち
 

フィンシュテック展望台からベーレック小屋

グリンデルワルトの街中からロープウェイで5分の場所にあるフィンシュテック展望台。展望台にはレストランがあり、ハイキング時間のない方でも、ヴェッターホルンやグリンデルワルトの街並みを一望しながらのカフェやお食事をお楽しみいただけます。

image


その展望台から片道約1時間20分のハイキングコースに先日出かけてきました。
出だしはしばらく木々の間を歩いていきます。途中後ろを振り返ればこのような景色が楽しめます。

image


そして山小屋までは上りが続きますが、ネコの耳のような形のクライン・フィーシャーホルンとグロッセ・フィーシャーホルン、ウンタラー グリンデルワルトグレッチャーが目の前に迫り、次第に大きくなっていきます。

image


途中、秋のお花、銀アザミも咲いていました。

image


ベーレック小屋前にはたくさんの羊たちがお食事中でした。

image


そしてこちらがベーレック小屋レストラン。
標高差約400mの上りは辛くても、この素晴らしい景色が待っています!時を忘れてのんびり過ごすには最高です!!氷河からの冷んやりとした心地良い風が小屋を通り抜けていきます。

image


この日は大変暑く、羊たちも暑さを凌ぐため、岩の陰を選んで食事をしていましたが、お尻は入りきらず、見事にお尻だけを見せてお見送りいただきました。

image


なつめ
ギャラリー
  • 春ハイキング
  • 春スキー
  • サンモリッツアルペンスキー世界選手権
  • サンモリッツアルペンスキー世界選手権
  • 新年明けましておめでとうございます
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!