P10405676/19に緊急事態宣言が解除となり、前倒しで様々なものが解除となりました。1000人以下のイベントが解禁となりました。1000人を超えるイベントは8月末まで禁止です。ボディコンタクトのあるスポーツも解禁です。お店などは感染防止対策を徹底しての営業となります。レストランやバーなどの営業時間やテーブル間の距離の縛りもなくなりました。個人レベルでは衛生対策はもちろん継続で、他人との距離が2mから1.5mに変更になりました。外出時のマスク着用義務は相変わらずありませんが、公共交通手段利用時などで他人との距離を1.5m保てない場合は、マスク着用が推奨されます。デモ参加の場合はマスク着用が義務となります。

6月15日よりEU/EFTA加盟国との国境が開き、サンモリッツでも他国ナンバーの車を多く見るようになりました。スイスは日に感染者数15-35人前後、死者数も0人の日が多くなりました。段階的なロックダウン解除も上手く機能しておりコロナを上手く抑えているように思います。ですが隣国の感染者数は一向に下がらず、ドイツでは肉工場で1300人が感染、7000人を隔離という事態になっていますし、イタリアもフランスも日に感染者数200人超え。過去1週間以内で多い日は600人超えの日もあります。国土も広いですし人口も多いので、一概にスイスと比べることはできませんが。国境を開けたということは、スイスだけ良ければいいということではなくなり、人が移動してウイルスを運ぶ機会が増えるということなので、今まで以上に気を付けて生活することが必要です。これからが本当の闘いの様な気がします。

皆様もくれぐれも気をつけてお過ごしください。

飯野@サンモリッツ