ぽっかり空いた休日に

ガイド中、遠くに眺めていて兼ねてから憧れだった、

ローフフェルナーに近づきに行ってきました。


標高2500mにそびえ立つ、右足の指のような

大きな岩です。
なぜ!こんな場所にこんな形に! 
そんな岩です。 


ラウターブルンネンからポストバスに乗って

イーセンフルーに向かいます。

 r01_IMG_0301


小さなゴンドラでズルワルトを目指します。 


森林帯をひたすら抜けると、

一面の牧草地が広がります。


1時間半ほどで、ロープホルンヒュッテと

ローフフェルナーへの分岐に到着します。
  

分岐にある農家さんの小さな坊やとお父さんが

川で水汲みをしていました。

なんだかとても美しい光景でした。

r02_IMG_0304

 傍らには、アイガー、メンヒ、ユングフラウを

横目に進んでいきます。

r03_IMG_0307

そこから開けた草地を1時間ほど行くと、 

あれだけ遠くに眺めていたローフフェルナーがすぐそばに!


r04_IMG_0312


近い!かっこいい!!
 

どの角度から見ても格好良いです。

ときめきます。


ちょうど、クライマーがてっぺんに到達するところ、

これから上でご飯のようです。

いいですねぇー。

その後はsuleggの稜線を辿って

ロトホルンヒュッテで一休み。
この稜線も、ブリエンツ湖、トゥーン湖を眺めることができ、
素敵な稜線でした。
 

r05_IMG_0313

ベルナーオーバーランド三山を真正面に見ながら

ビールを頂きました。

降りてきた直後のビールは殊更に

うまいです!


もっとローフフェルナーが好きになりました。




伊藤