2016-06-07-20-30-36

 ヨーロッパ有数の名家にして、16世紀には「日の沈まぬ大帝国」の主であったハプスブルク家の祖先がスイス出身である事をご存知でしょうか?スイス最大の都市チューリッヒから、北西約30kmに位置する基礎自治体ハプスブルクに、その名の元にもなったハプスブルク城があります。
 この城が最初に建てられたのは11世紀の事。後のハプスブルク家がその家名をまだ持たなかった頃のお話です。伝説によれば、創建者ラドボートが狩りの最中に行方をくらました鷹を探すうちに、この高台の地に辿り着き、ここに城を築く事を決めたのだそうです。そこからこの城は「大鷹の城(Habichtsburg/ハビヒツブルク)」と名付けられ、それが転訛して「Habsgurg(ハプスブルク)」になったのだとか。他にも異説はあるそうですが、この城を拠点としてこの一族が伸張していったのは確かです。「ハプスブルク」と呼ばれるようになった彼らは、13世紀にはキーブルク家の所領を獲得して領土を拡大し、更にはルドルフ1世がドイツ王になり、歴史上にその名が現れ始めます。
 
2016-06-07-20-58-26

 その後もハプスブルク家は順調にその勢力を拡大して行きますが、同時期に中央スイスでは、ゴッタルド峠の開削に伴う経済の伸張があり、結果としてハプスブルク家はスイスでの基盤を失い、オーストリア方面にシフトして行きます。その後、オーストリア家とも呼ばれながら、大帝国の主となりますが、その栄光も第一次世界大戦を持って終わりを告げます。そして、帝位を追われた最後の皇帝が亡命した先もスイスでした。ちょっとした歴史の皮肉ですよね。

2016-06-07-20-34-08

 
 さて、今日に続くヨーロッパ史の原点とも言えるハプスブルク城に行くには、近郊の町ブルック(Brugg AG)までチューリッヒから鉄道で、そこからはバスで12分程。ただし、このバスの本数は大変に少ないので要注意です。足に自信のある方でしたら、ブルック駅からのハイキングをお勧めします。片道約4km程。

2016-06-07-20-01-46

 森林保護区の中を緩やかに登って行きます。約1時間半程の、のんびりとしたハイキング。現在ハプスブルク城はレストランになっているので、ハイキングの後に一息つきながら、悠久の歴史に思いを馳せるのも一興ではないでしょうか。

2016-06-07-21-08-29

 最寄りのバス停から。奥に見えるのがハプスブルク城です。

 急峻な山や谷とハイジの世界で有名なスイスですが、実は意外にヨーロッパの歴史に深く関わっている国でもあります。チューリッヒ近郊の温泉地バーデンからこのブルックまでは、ハプスブルク家ゆかりの城をめぐるハイキングコースも整備されています。大自然の驚異だけではなく、ヨーロッパ史の一端に触れるスイスの旅、いかがですか?

さか