今日は雨が降ったりやんだりの一日でした。明日は晴れる予報が出ています。

夏休みも本番に入り、電車が混んできました。今日の昼過ぎのインターラーケンからグリンデルワルトやラウターブルンネンに行くベルナーオーバーランド鉄道の電車は立ち客が出るくらいの混雑ぶり。チューリッヒ、ベルン、バーゼルから来るIC特急も大きなスーツケースを持った人で混んでいました。時間に正確なスイスの鉄道ですが、毎年8月は電車が遅れがちになり、乗り継ぎの時間がギリギリになります。今日も、インターラーケンオスト駅では、スーツケースを持った人たちが乗り継ぎの電車に間に合うようにダッシュしていました。

sIMG_8145

ヴェンゲンの村のお向かいの丘の上にあるローブホルン小屋。この山小屋は知る人ぞ知る、ベルナーオーバーランド三山を独り占めできる素敵な場所にあります。

まずは、ラウターブルンネンからイゼンフルーまで小さな郵便バスに乗って、断崖絶壁に作られたループトンネルを通って行きます。そしてイゼンフルーからズルワルトまでは8人乗り(もしくは牛1頭)の小型ロープウェイに乗り換えて、さらに登ります。
sIMG_8180

sIMG_8169
ズルワルトから片道1時間30分ほど、標高差にして400mを歩いて登っていきます。

sIMG_8149
このコースの秘密スポットがこれ。地層が逆さまのハート型に見えませんか? かわいいでしょ。

sIMG_8156
山小屋の近くにはアルプケーゼ(アルプスのチーズ)やバターを直売している小屋もあります。軒下に釣り下げられた重厚なカウベルが迫力ありますね。

sIMG_8165
今回はちょっと天候が悪く、ベルナーオーバーランド三山の展望はお預けでした。

帰りは、ラウターブルンネンとミューレンを結ぶロープウェイと電車の乗換駅、グリュッチアルプに下りることも可能です。

一大観光地のすぐ隣にあるとは思えないくらい、のんびりとしたローブホルン小屋。インターラーケンやグリンデルワルトからこんなに近くて、本物のスイスの田舎を味わえる場所は滅多にありません。あまり知られていない絶景の山小屋の手配をご希望の方は、弊社ジャパニーズインカミングサービスまで、ぜひお問い合わせください。
http://jisdavos.org/


つちや