スイスアルプス便り

スイスのインターラーケンとサンモリッツにある、日本人経営の旅行会社    <ジャパニーズインカミングサービス>のブログ

スイスミュージアム便り

スイスに来ると毎年必ず訪れている、
Emma Kunzのミュージアムに今年も行ってきました。


Zürichから30分ほどののWürenlosという長閑な場所に

位置するミュージアムは、Emma Kunzの住んでいた家に

作られたものになります。
駅から気持ちのいい坂道を登った丘の上にあります。 


01_IMG_0217

02_IMG_0225

いつもここに来る時は見事な天晴れだ!

ペインターであり、ヒーラーでもあった彼女の

生前の作品群を見ることができるミュージアム、ヒーリングのための
パワーをチャージしていた洞穴のパートに分かれています。


ちなみに彼女の行うヒーリングは

自然の法則を感知し、

ジャグリングによる治療を行っていたそうです。

03_IMG_0221

04_IMG_0224

今回は、移動の途中だったので、洞窟のみ入ってきました。
洞窟は、毎回思うのが神社の鳥居をくぐったような気持ちになります。

6a010534da2fec970c0115708ab5e6970b-800wi


ミュージアムには大きな幾何学模様のドローイングが並びます。

幾重にも重なるドローイングの線一つ一つ、

繊細と逞しいと美しいがつまった絵。

きっとこんな女性だったのでしょうか。

ミュージアム周りの雰囲気にも佇まいの美しさを感じます。


前回はここに3時間も滞在してしまいました!


あいにくスピリチュアルなことは全くわかりませんので、

エネルギーや浄化などといったような

ことはからっきしですが
 

ミュージアムの周りの植物がみずみずしく風にそよぐ感じ、

陽だまりや、木漏れ日が心地よい場所です。

ただそれだけで何回でも通いたくなる場所になります。


穏やかな静かな平らな気持ちになれるかと思います。

来訪の際には予約が必要になりますので、

URLを参考にしてくださいね。


http://www.emma-kunz.com/




伊藤



たった一晩で・・・

7月も半ばだというのに、山では雪が降りました!


昨日までお花畑だったのに、夜半からの雪で、アイガーグレッチャー駅〜クライネ・シャイデック駅のハイキングコースは、一面、銀世界になりました。


アイガーグレッチャー駅
 P1160377


コース途中にある、旧ミッテルレギ小屋にも雪が積もりました。
P1160368


ファルボーデンゼー。池の奥に見えるはずのアイガー北壁も、霧の中。
P1160349
 

そんな中でも、キンポウゲが健気に咲いていました。
P1160361


ハイキングコース終点のクライネ・シャイデック駅。
こんな天気でも賑わっていました。

山の天気は変わりやすいです。
ハイキングには、調節できる服装としっかりしたハイキングシューズ、それにレインウェアをお忘れなく!
P1160342
 

もっち 

アイガーと空模様

ハイキング前は足元のお花しか見えないくらい霧が立ち込めていましたが、この日は上空の風が強く、刻一刻と空模様は変化していきました。
image

魔の山アイガーも、
この日だけは愛おしいと思えるほど、雲の合間から可愛らしく顔を出していました。
image

山のお天気は変わりやすい、とよく言いますが、この日のように曇り空から晴れ間へと良い方向に変わることもありますので、朝起きてお天気が悪くても諦めないでくださいね。
image


なつめ

ヴィア・フェラータ

ヴィア・フェラータとは、ヨーロッパ発祥の断崖絶壁にワイヤーロープやはしご、木製の歩道や吊り橋のように固定された設備などが整っている登山コースを指します。もともとは第1次世界大戦において、国境線での厳しい戦闘時に、主に軍事目的として造られたものです。

前々から行ってみたかったのですが
なかなかタイミングあわず。。。
今年、ようやく行くことが出来ました。

今回はミューレンのヴィア・フェラータです。
ミューレンからギンメルワルトまでを下りながら
断崖絶壁を行きます。

まずは入口。
15

すぐからぐんぐん崖の方へ下って行きます。
53

07

しばらく行くと完全な絶壁に
ホッチキスのようなステップが刺さっていて
そこだけを頼りに岩壁を数十メートルのトラバース
約700m下の奈落の底が見えます。。。
24

46

それを越えればワイヤーだけの吊り橋?で1つ目の滝をこえます。
06

そして長~いハシゴで絶壁をくだります。
27

しかも後半半分は若干ハングってます。。。
46

14

2つ目の滝をこえ
33

最後はゆれる長~い吊り橋。
50

07

そしてゴール!
ギンメルワルト。

いやぁ。
高所恐怖症気味の私。
ホッチキスステップが怖かった。。。

他にもいろいろコースがあります。
皆さんも是非♪

そして精神を擦り減らしたあとは
インターラーケンいち美味しいと
個人的には考えているジェラート屋さんでシメ!
34
うんめかった!
けど、クレープがってよりはアイスクレープにしたので
やっぱここのアイスが絶品!しかも安い!
ここのジェラート屋さん本気でオススメです。

りき

ドイツへお買物

スイスは周りをドイツ、オーストリア、イタリア、フランス、リヒテンシュタインと、5つの国に囲まれています。
そのため外国へのお出掛けがとっても簡単にできます^ ^
特にスイスは物価が高いで、日帰り旅行ついでにお買物も周辺の国でする方も多いです。
しんなわけで、私もザンクト・ガレンに日帰り旅行ついでにドイツの端っこにあるコンスタンツとい町まで観光とお買物に行ってきました。

ザンクト・ガレンについては私からあえて説明する必要もないくらいに有名な町です。
世界遺産の修道院図書館も、歴史ある蔵書の数々は一見の価値ありです。
とはいえ、日本語の説明文はないので、英語かドイツ語能力が必須にはなりますが、眺めるだけで楽しい蔵書もなかにはあります。

そしてザンクト・ガレンにある大聖堂も荘厳で美麗なのでぜひこちらにも足を運んでみて下さい。


さて、今日の本題はザンクトガレンを観光したあとに行ったコンスタンツです。
コンスタンツはザンクトガレンから電車で1時間ほどの場所にあります。
ドイツでありながら、列車はスイスパスで行けるという、とても嬉しい場所です^_^
インターラーケンからは列車の乗継にもよりますが、3時間半ほどで着きます。

コンスタンツはボーデン湖沿いにある町で、湖畔にある三位一体像も有名です。








































他にも大聖堂もあり、その大聖堂は塔に登る事もできます。
が、今回は私は時間がなかったため塔に登ることは断念しました。



































さて、コンスタンツでのお買物ですが、駅を出て左手に歩いて行くと大きなショッピングセンターがあります。
ここにはスーパーも入っているので、大抵のお買物はここで済みます。
でもせっかくコンスタンツまで来たのだし、町散策もしたいという方、旧市街にもたくさんのお店があります。
もちろんスーパーもちらほらあります。

旧市街は可愛らしい建物、看板が至る所にありますので、ぜひ街散策もしてみて下さい(^o^)/













































































コンスタンツはドイツの街並みが好きな私にはたまらない町でした(^ω^)
そしてコンスタンツはさほど大きな町ではないので、1日あればゆっくり楽しめます。
お時間があれば、スイスの観光ついでに足をのばしてみてください。


みどり🍎

ギャラリー
  • スイス国立公園ハイキング
  • スイス国立公園ハイキング
  • スイス国立公園ハイキング
  • アルプスの天然水
  • アルプスの天然水
  • アルプスの天然水
  • アルプスの天然水
  • アルプスの天然水
  • アルプスの天然水