スイスアルプス便り

スイスのインターラーケンとサンモリッツにある、日本人経営の旅行会社    <ジャパニーズインカミングサービス>のブログ

ドイツへお買物

スイスは周りをドイツ、オーストリア、イタリア、フランス、リヒテンシュタインと、5つの国に囲まれています。
そのため外国へのお出掛けがとっても簡単にできます^ ^
特にスイスは物価が高いで、日帰り旅行ついでにお買物も周辺の国でする方も多いです。
しんなわけで、私もザンクト・ガレンに日帰り旅行ついでにドイツの端っこにあるコンスタンツとい町まで観光とお買物に行ってきました。

ザンクト・ガレンについては私からあえて説明する必要もないくらいに有名な町です。
世界遺産の修道院図書館も、歴史ある蔵書の数々は一見の価値ありです。
とはいえ、日本語の説明文はないので、英語かドイツ語能力が必須にはなりますが、眺めるだけで楽しい蔵書もなかにはあります。

そしてザンクト・ガレンにある大聖堂も荘厳で美麗なのでぜひこちらにも足を運んでみて下さい。


さて、今日の本題はザンクトガレンを観光したあとに行ったコンスタンツです。
コンスタンツはザンクトガレンから電車で1時間ほどの場所にあります。
ドイツでありながら、列車はスイスパスで行けるという、とても嬉しい場所です^_^
インターラーケンからは列車の乗継にもよりますが、3時間半ほどで着きます。

コンスタンツはボーデン湖沿いにある町で、湖畔にある三位一体像も有名です。








































他にも大聖堂もあり、その大聖堂は塔に登る事もできます。
が、今回は私は時間がなかったため塔に登ることは断念しました。



































さて、コンスタンツでのお買物ですが、駅を出て左手に歩いて行くと大きなショッピングセンターがあります。
ここにはスーパーも入っているので、大抵のお買物はここで済みます。
でもせっかくコンスタンツまで来たのだし、町散策もしたいという方、旧市街にもたくさんのお店があります。
もちろんスーパーもちらほらあります。

旧市街は可愛らしい建物、看板が至る所にありますので、ぜひ街散策もしてみて下さい(^o^)/













































































コンスタンツはドイツの街並みが好きな私にはたまらない町でした(^ω^)
そしてコンスタンツはさほど大きな町ではないので、1日あればゆっくり楽しめます。
お時間があれば、スイスの観光ついでに足をのばしてみてください。


みどり🍎

ブリエンツ散策

先日ブリエンツに行ってきました。
ブリエンツはインターラーケンから電車で30分ほどの場所にあり、その名の通りブリエンツ湖の湖畔にある村です。

ブリエンツはその立地からか(?)観光客はほかの町に比べると多くはありません。
ですがブリエンツにあるブリエンツロートホルン鉄道に乗ればユングフラウ、アイガーなどが望める場所でもあります^ ^

そのブリエンツロートホルン鉄道はスイスで唯一のアプト式蒸気機関車です。





















ブリエンツロートホルン鉄道は高低差1678m、全長7.6kmの距離を約1時間かけて上がっていきます。
時速8kmのスピードです(笑)
ですがゆっくり景色が広がっていく様を車窓から眺めるのはとてもスイスらしい時間の過ごし方です。
もうユングフラウヨッホに行ったことのある方はぜひ違う角度からユングフラウの姿をお楽しみ下さい。

因みにブリエンツの町は木彫刻が有名です。
そのためなのか、町のあちらこちらに木彫刻があります。
下の写真では壁に張り付いて蜂の巣のハチミツを狙っているクマがそうです。


































またブリエンツにある滝に行く道案内の看板も木彫で作られています。


























他にもたくさん可愛らしい看板や木彫刻があるので探しに行ってみてはいかがでしょうか?
因みにブリエンツは可愛らしい家並みも見られます。




















スイスの田舎町を見たい方はぜひブリエンツロートホルン鉄道と合わせて町散策もしてみて下さい^ ^


みどり🍎

花の季節

image


  漸くスイスにもお花達の季節がやってきました。
今年初めてのアルペンローゼです。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!

さか

Cavagliaにある氷河の造形美

image


先日、ある目的地へ向かうために、レーティッシュ鉄道ベルニナ線のCavaglia駅で途中下車をしました。
駅舎も可愛らしい佇まいですが、駅前にはもっと素晴らしい風景が広がっていました!

image


そして向かった先は…氷河公園!
巨大な岩にぽっかりと空いた巨大な穴の数々。なんとも不思議な光景が突如目の前に広がります。まるで天然のすり鉢のよう…。そして、どの穴にも底にあるのは真ん丸い大きな石。

image


氷河期も終わりにさしかかる頃、氷河から溶け出した水が、氷河の底を猛烈な勢いで流れ、氷河の下の地面を削り、削ったところに水と一緒に流れる石や岩などがぶつかり合い、穴は段々と大きくなり、最終的にこのような地形を生み出したんだそうです。その水の流れるスピードはなんと、時速200kmだったとか!想像を絶する勢いですね。

そして次に現れた穴には梯子がかかっておりました。…ということは、降りても良い?!周りの観光客らしきご夫婦たちはどなたも降りておられませんでしたが、目の前に梯子があるのに降りない手はありません!ということで、直径約4m、深さ約6mの穴の底にずんずん降りていきます。この梯子かなり揺れます。6mの穴底の居心地やいかに…

image

不思議なほど居心地が良い!!とにかく居心地が良かったです。きっと日本ならパワースポットと呼ばれるような空間でした。ワタシの姿見ないなと思ったらここにいます、きっと。


image


Cavaglia駅は、アルプ・グリュム駅の1駅隣の駅で、氷河公園には無料で入れます。1時間もあれば十分楽しめますので、ちょっとした寄り道に最適です!

なつめ

古代の足跡

IMG_1670

 スイスと云えば、真夏でも雪を頂いた壮大なアルプスの山々や氷河、緑の絨毯の中、のんびりと草を食む牛達がたたずむ牧場と湖。近年、映画『テルマエロマエ』で有名になった古代ローマのイメージとはかけ離れていますが、実は意外にも多くのローマ遺跡がこの国には点在しています。その中でも最大の規模を誇るのが、スイス北西部の中心都市、バーゼル近郊にある『アウグスタ・ラウリカ(Augsta Raurica)』です。

IMG_1672

 紀元前44年に、カエサルの部下ムナティウス・プランクス将軍によって築かれた軍事要塞を基礎として、この地にローマ植民地が建設されました。現在のバーゼルがライン川沿いの交通の要衝、フランス、ドイツに隣接する主要都市として発展している様に、この植民地も紀元前後には一大国際商業都市に発展したのだとか。最盛期には2万人もの人々が暮らした街の遺構が、現在では二つの州、二つの町にまたがって保存展示されています。

IMG_1669

 象徴的なのが、綺麗に修復され、実際に劇場として利用されてもいる野外劇場。また、劇場に正対してかつての神殿跡があります。この二つの遺跡のそばには、出土品やかつての植民地の様子を再現した模型などが展示されている、ローマ博物館(Römerhaus mit Museum)もあります。
 ここまでは、バーゼルから近郊普通列車S1で所要11分のカイザーアウグスト(Kaiseraugst)下車、徒歩15分ほどです。お時間に余裕がなければ、ここを見るだけでも、スイスにおける古代ローマの一端に触れることができます。でも可能であれば、他の遺跡にも足を伸ばしてみて下さい。浴場跡や円形競技場など、スイス的な風景に溶け込んだ古代ローマの足跡を辿れます。個人的なおすすめは、かつての下水道の遺跡。地下の一部分を実際に歩いてみる事が出来ます。

 とにかく広い範囲に約30もの遺跡があり、移動手段は徒歩か自家用車。という事で、全てを見て回るとなると半日は確実にかかります。お訪ねの際は、歩きやすい靴と服装でお越し下さい。

さか
ギャラリー
  • 春スキー
  • サンモリッツアルペンスキー世界選手権
  • サンモリッツアルペンスキー世界選手権
  • 新年明けましておめでとうございます
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!
  • オクトーバーフェスト!