スイスアルプス便り

スイスのインターラーケンとサンモリッツにある、日本人経営の旅行会社    <ジャパニーズインカミングサービス>のブログ

マッターホルンに一番近い山岳ホテル・シュバルツゼー

今日のインターラーケンの最高気温は25度。明日以降は、28度くらいまで気温が上がる予報が出ています。週間予報も金曜日まで晴れ。スイスの夏がやっとやって来ました。

sIMG_5472

マッターホルンに一番近い山岳ホテル・シュバルツゼーに泊まってきました。ツェルマットの町からクラインマッターホルン展望台行きのゴンドラで20分。ツェルマットを出発したときには曇っていたのですが、シュバルツゼーに着いたら、天候が回復し、目の前に圧倒的な大きさのマッターホルンが見えました。今年は7月に入っても寒い日が続いていたので、マッターホルンも新雪をまとっていました。

ホテルのご主人も携帯電話でマッターホルンの写真を撮っていたので、聞いてみたところ、「この二週間は曇りばっかりで、こんな綺麗なマッターホルンを見えたのは久しぶり。だから、写真を撮ったんだよ。」と教えてくれました。
sIMG_5471
お部屋はマッターホルンビューとツェルマットビューがあるのですが、どちらも絶景。周りに明かりがないので、月夜のマッターホルンを撮影したり、ツェルマットの夜景を一望できます。この夜は、霧に包まれてしまったため、夜景の撮影はお預けになりました。

つちや

スタッフェルアルプの山小屋レストラン

ツェルマット周辺には、たくさんの山小屋レストランがあって、ハイキング途中で気軽にランチやティータイムを取ることができます。
sIMG_5489
その中でも、私の一番のお気に入りが、スタッフェルアルプにあるレストラン。クラインマッターホルンの展望台に行くゴンドラの途中駅、シュバルツゼーからツムット村経由でツェルマットまでの4時間のハイキングコースの途中にあるレストランです。朝一番でクラインマッターホルンに行ったあと、シュバルツゼーからハイキングを始めると、ちょうどお昼頃に到着するレストランです。

sIMG_5488
このレストランは、盛りつけ方が凝っています。スイス定番のレシティも、こんなにかわいく盛りつけられて出てきます。テーブル席のデザインもかわいいですよね。

sIMG_5487
本日のスープは、こんな容器に入って出てきました! 

つちや

エーデルワイスが咲き出しました

sIMG_5518
標高1600mの高原リゾート、ツェルマットへの出張から帰ってきました。この4日間は、晴れたり、曇ったり、小雨が降ったりと目まぐるしく天気が変わりましたが、しっかりと青空を背景にしたマッターホルンを見ることができました。

ハイキングでは、お客さまと、秘密のエーデルワイスのお花畑に出かけてきました。下の写真に写っている山の斜面、白く見える植物は全てエーデルワイスなんです。ものすごい数のエーデルワイスが群生しているのが分かりますか?
sIMG_5506
エーデルワイスはどこにでも生育しているわけではなく、土壌が常に動いているような砂礫地に分布しています。一株を発見すれば、目が慣れて、たくさんの株が見つかるようになりますよ。

sIMG_5510
たくさんのエーデルワイスが見られて、お客さまも大満足でした。

つちや

雪のシルトホルン山頂

Photo0107
今日は、シルトホルンの展望台へ行ってきました。インターラーケンは雨だったのですが、標高2000m付近から上は雪になり、シルトホルンの頂上(標高2970m)にある展望台は雪が積もっていました。展望台の気温は-2度だったのですが、風は無く、思ったより暖かく感じました。

ちょっと時間に余裕があったので、回転レストランへ。カプチーノを頼んだところ、泡立てたミルクコーヒーの上にシナモンで「007」と書かれていました。さすが「女王陛下の007」のロケ地です。
Photo0108

今週末もあまり気温は高くなく、ぐずついた天気が続きそうです。

つちや

フェックス谷ハイキング

IMG_2636

 なかなか夏本番にならない、今年のスイスです。ここ暫くサンモリッツに駐在しておりますが、快晴!という日がまだありません。本来驚異的な晴天率を誇るこの地では珍しい事です。
 
 それでも、ちょっと青空ののぞいた先日、久しぶりにフルッチェラス展望台からフェックス谷に下るハイキングに行ってきました。

 コース前半はほぼ平坦。初めは遠くの方に見えていたシルス湖がだんだんと近づいて来ます。お花畑を歩くこの部分は、まるで空中庭園の様です。峠からはフェックス谷の奥に向けて、標高差約300mを一気に下ります。かつてヘルマン・ヘッセが描いたフェックス谷ののどかな風景を望みながらの道のり。所々急な下りがあるので足元に注意が必要ですが、こちらもたくさんのお花達が迎えてくれました。谷底に下りたら、車も通れる様な舗装された道を100m程下って、基点となる村シルス・マリアに到着します。その昔、哲学者のニーチェも好んで夏を過ごしていたというのどかな保養地です。

 標高差が登り約30m、下り400m、全行程約4時間程のコースになります。最後の舗装路、歩くのに飽きた方には、乗り合い馬車も走っていますよ!

さか
ギャラリー
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 栗祭り、開催中
  • Salbit South Ridge(ソルビット南稜)
  • Salbit South Ridge(ソルビット南稜)
  • Salbit South Ridge(ソルビット南稜)