スイスアルプス便り

スイスのインターラーケンとサンモリッツにある、日本人経営の旅行会社    <ジャパニーズインカミングサービス>のブログ

アレッチの吊り橋

sIMG_4044
ヨーロッパ最長の氷河、アレッチ氷河を見られるベルアルプから、全長124mの吊り橋で氷河が作った渓谷を渡り、世界遺産に登録されているアレッチの森を抜けて、リーダアルプまで歩く全長14kmのハイキング道が2008年に整備されました。日本人にはまだ知られていない、約5時間の中級者向けコースです。

sIMG_4037
まずは、SBBのブリーク駅から郵便バスとロープウェイを乗り継いでベルアルプに向かいます。ホテル・ベルアルプから望むアレッチ氷河の末端部は一見の価値がある場所です。

sIMG_4138
ベルアルプから渓谷まで牧草地の小道を標高差400mほど下ります。このコースの目玉、アレッチの吊り橋は全長124m、谷底から80mの高さにあり、渡るときにはちょっとドキドキしました。

sIMG_4151
そして、欧州カラマツと欧州五葉松の森を歩いて登っていきます。森の中の道なので、登りですが心地よい風が吹いていました。標高差500mを尾根まで登り切ると、この地域が世界遺産登録されたときに重要な役割を果たした自然保護センター「ヴィラ・カッセル」が見えてきます。

sIMG_4169
もし、時間があれば、自然保護センターの中を見学して、カフェでコーヒーを飲みながら、カッセル卿の想いを思ってみるのも良いかもしれません。ここからリーダーアルプまでは約30分、リーダーアルプからゴンドラ、マッターホルンゴッタルド鉄道を経由して、ブリークの駅に戻ることができます。

つちや

レーティッシュ鉄道アルブラ線をテーマにしたハイキング

今朝のインターラーケンは曇り。ケーブルテレビのモニターカメラを見ると、中腹のメンリッヘンもシルトホルンも霧の中なのですが、ユングフラウヨッホは雲を突き抜けて快晴のようでした。インターラーケンのケーブルテレビでは、朝6時から展望台のモニターカメラを放映しています。展望台に上がっても霧の中でがっかりということがないように、展望台に行くときはモニターカメラをチェックしてみてください。午後からは天候が回復して、夏らしい日になりました。

sIMG_3949

スイス東部グラウビュンデン州の州都クールとエンガディン地方の中心都市サンモリッツを結ぶレーティッシュ鉄道アルブラ線は「レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観」として2008年に世界遺産にも指定された景観路線です。氷河特急の路線でもあるので、乗車された方も多いと思います。

氷河特急がサンモリッツを出発したあと、最初の見所がプレダ駅からベルギュン駅まで12.6kmを三連続ループなど20世紀初頭の最新技術を駆使して416mも下る区間です。この区間(プレダ駅からベルギュン駅を経由してフリズール駅まで)のアルブラ線に沿って、鉄道遺産を見学できるハイキング道が世界遺産登録を契機に整備されました。
sIMG_3928
ハイキングはプレダ駅から始まります。プレダ駅構内には1904年の開通時には世界最長だったアルブラトンネル(5866m)が見えます。このトンネルは、現在でもアルプスを南北に越えるトンネルとしては最高所にあります。

sIMG_3930
10~20分に一つずつ、ハイキング道に沿って、ドイツ語と英語でアルブラ線についての説明板が設置されています。

sIMG_3935
この区間は、最大勾配35‰をループ橋、トンネルを屈指しながら下っていきます。ハイキング道は、途中から幅の狭い道になり、階段などを使いながら下っていきます。足元のしっかりしたブーツが必要ですね。

sIMG_3964
30分に一本の間隔で急行列車が通過するので、運が良ければ、ループ橋を渡っている列車を撮影できるかもしれません。

sIMG_3983
今回はベルギュン駅まで3時間のコースを楽しみました。ベルギュン駅には新しくアルブラ線鉄道博物館がオープンしたので、ハイキングが終わってから電車の待ち時間を使って見学してみてはいかがでしょうか?

つちや

雨の日のアーレシュルフト渓谷

今年のスイスは低気圧と停滞前線がアルプスの上空に停滞しており、悪天候が続いています。今日のインターラーケンの最高気温は20度、小雨が降っていました。

このような雨の日におすすめなのが渓谷観光です。インターラーケン周辺には、ラウターブルンネンのトゥルンメルバッハの滝、マイリンゲンのアーレシュルフト渓谷とグレッチャーシュルフト渓谷、ベアテンベルグの聖ベアトゥス鍾乳洞があります。雨の日は川が増水するので、狭い渓谷を流れる川がさらに迫力を増します。

インターラーケンからルツェルン行きの急行列車で30分、またはグリンデルワルトから郵便バスでグロッセシャイデックとシュバルツバルトアルプ経由で約2時間、マイリンゲンで下車をして徒歩30分またはインターキッチネン行きの各駅停車に乗り換え2分で、アーレ川が作ったアーレシュルフト渓谷に到着です。
sIMG_7824
入場口は2カ所あり(マイリンゲン側の西口、インターキッチネン側の東口)、西口を入ったすぐのところが一番の見所です。幅1.8m、深さ30mの渓谷を大量の水が流れ下る様子は圧巻。その上に作られている遊歩道を歩くのに一瞬足がすくみます。

sIMG_7834
上流(東口)に向かって歩くと、渓谷は徐々に広がり、明るくなってきます。途中に小さな滝が落ちているところが中間点です。

sIMG_7838
最後は、つづら折りの遊歩道を登り、東口に出ることができます。東口近くにも駅があり、そこから電車に乗ってマイリンゲンまで戻ることもできます。レインコートと歩きやすく水飛沫がかかっても良い格好で訪れることをおすすめします。

つちや

8月1日スイス建国記念日に向けて

今日のインターラーケンは小雨が降ったり、曇りの天気でした。昨日の夕方からの大雨で、エメンタール地方(ベルンとルツェルンの間)では洪水被害が出ているようです。インターラーケンからグリンデルワルトに向かう途中に見えるルッチーネ川も溢れんばかりの濁流が流れていました。ハイキングするときの天候にはお気を付けください。

sIMG_6031

今日の夕方、我が家の近くをブラスバンドが練習をしていました。あと、3日で8月1日のスイス建国記念日です。8月1日の午後3時から、インターラーケン・オスト(東)駅とヴェスト(西)駅との間でパレードが行われます。このブラスバンドは、このパレードのための練習のようです。そのあと、午後10時からはヘーエマッテで打ち上げ花火大会が行われます。

お店や個人宅にもスイス国旗の旗が飾り付けられたり、花火を売っている人たちがいたり、建国記念日に向けて、静かに盛り上がりつつあるインターラーケンです。スイス旅行を計画する際には、8月1日をインターラーケンで過ごしてみるのも、スイスらしさを感じられて良いのではないでしょうか?

つちや

一泊二日のアレッチ氷河トレッキング

ここ数日は晴れの天気が続いていたインターラーケンですが、本降りの雨が今日の夕方から降り始めました。明日は雨、この数日間は不安定な天気が続きそうです。

sIMG_5959
先週末、1泊2日のアレッチ氷河トレッキングに出かけてきました。ユングフラウヨッホ駅を出発し、ヨーロッパ最長の氷河「アレッチ氷河」の上を歩き、フィーシャーアルプまでの約25km、1泊2日のトレッキングです。

sIMG_5774
1日目は朝8時インターラーケンオスト駅発の電車に乗り、ユングフラウヨッホ駅で担当の山岳ガイドと落ち合い、クランポンやハーネスのレンタルをします。11時30分頃から歩き出し、スイス山岳会のコンコルディア小屋まで約5時間のトレッキングです。

sIMG_5833
コンコルディア小屋は、3つの氷河が合流する場所にあります。地球温暖化で氷河が低くなっているので、415段の階段を小屋まで登ります。山小屋からは、ユングフラウ、ユングフラウヨッホ展望台、アレッチホルン、眼下に蕩々と流れるアレッチ氷河を一望することができます。
sIMG_5847

2日目は朝6時頃から歩き始め、朝の雪が締まっているあいだにフィーシャーアルプまで歩ききります。歩行時間は6時間、トレッキングが終わるのは2時頃です。
sIMG_5771
トレッキング中には、氷河の上にあるモレーンを乗り越えたり、クレバスを飛び越えたり、クレバスに石を落として深さを実感したりとあっというまに時間が過ぎていきました。山岳ガイドさんによる氷河についてのレクチャーも随時あり、とても勉強になりました。

今回は地元グリンデルワルトのガイド組合が主催したツアーに参加しました。日本では体験できない氷河トレッキング。手配希望の方は、弊社ジャパニースインカミングサービスまでお問い合わせください。
http://jisdavos.org/

つちや
ギャラリー
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 栗祭り、開催中
  • Salbit South Ridge(ソルビット南稜)
  • Salbit South Ridge(ソルビット南稜)
  • Salbit South Ridge(ソルビット南稜)