スイスアルプス便り

スイスのインターラーケンとサンモリッツにある、日本人経営の旅行会社    <ジャパニーズインカミングサービス>のブログ

はだしで歩こう!

P1010556P1010557
アッペンツェル地方には、はだしで歩けるハイキングコースがあります。重たいハイキングシューズを脱いで、牧草地をはだしで歩き、心も体も大地からのパワーを感じて歩きましょう。ガイドのご用命は、下記まで。

jis.chako@bluewin.ch

いいの@アッペンツェル

5月の雪

P1010694P1010688P1010672
5月の雪と言われる、ナルシスを見に行きました。5月末に行きましたが、ちょうど満開。お天気も良く、ナルシス畑の中を幸せな気持ちでハイキングました。ナルシスに会いに来ませんか?とっておきの場所へご案内いたします。ガイドのご用命は、下記まで。

jis.chako@bluewwin.ch

いいの@モントルー

世界最長の鉄道トンネルを通ってみた

IMG_4701


 世界最長の鉄道トンネルとして、昨年6月に開通したゴッタルド基底トンネル。約半年間の試験運行を経て、昨年12月から正規運行を開始しました。そこで夏のシーズンが本格化する前に、早速そのトンネル区間を通る列車に乗ってきました。
 この路線で走っているのは、スイス国鉄の高速車両であるICN(RABDe 500)です。最高時速は250Km。フランスやドイツ、はてまた日本の新幹線には及びもつきませんが、山岳地帯が基本のスイスでは一番足が早いのです。ゴッタルドトンネル開通以前は、チューリッヒを起点に東部地域や西部地域を結んでいました。トンネル開通と同時に、南部のティチーノ州やイタリア方面にも投入されました。しかも、車両は順次リニューアル中という事で、私が乗った車両も内装が真新しい、新品同様でした。
 今回はチューリッヒから乗車。写真のように、車内にはモニターがいくつかあり、路線図と停車駅、現在位置が表示されています。さらにはスイスの観光PRビデオも流れていました。さすがは国際列車です。ちなみに、上記の写真はトンネル通過中に撮影。地下深くでGPSが届かないのか、残念ながら現在地表示はトンネル突入前のErstfeldエルストフェルド付近で止まったままでした。
 全長57Kmを所要約20分で通過。20分間ひたすら暗い車窓というのは、やはり長く感じるものでした。実は基底トンネルを通過しない旧線区間は、鉄っちゃんには堪らない鉄道風景の宝庫。目的地までは30分余分にかかりましたが、景色を楽しむ事が出来ました。基底トンネル開通後は、こちらの旧線はゴッタルド・パノラマ・エクスプレスとして運行されています。お時間に余裕がおありであれば、行きと帰りでそれぞれ違ったルートをお試しください。

さか

春ハイキング

P1010348

雪が降ったかと思うと、翌日は暑かったりと、まだまだ天候は安定しませんが、それでも山は少しずつ春めいてきました。

クロッカス一面の斜面とアイガーを見ながら、ハイキングをしませんか?とっておきの場所へご案内いたします。


ガイドのご用命は、こちらまで。
 jis.chako@bluewin.ch



いいの@インターラーケン

春スキー

P1010134下界はかなり暖かくなってきましたが、サンモリッツはまだまだスキーが楽しめます。今週末のイースター休暇絡みで、ハイシーズンもびっくりの人出。ピッツナイールは営業を終了しましたが、コルバッチは5月7日まで、ディアボレッツァは5月20日まで、スキー場営業しています。ピステコンディションも下まで素晴らしいです。GWは是非、スキーをしにお出かけください!

いいの@サンモリッツ
ギャラリー
  • スイス国立公園ハイキング
  • スイス国立公園ハイキング
  • スイス国立公園ハイキング
  • アルプスの天然水
  • アルプスの天然水
  • アルプスの天然水
  • アルプスの天然水
  • アルプスの天然水
  • アルプスの天然水