スイスアルプス便り

スイスのインターラーケンとサンモリッツにある、日本人経営の旅行会社    <ジャパニーズインカミングサービス>のブログ

石橋とレーティッシュ鉄道

サンモリッツから列車で約30分。レーティッシュ鉄道アルブラ沿線上のPreda-Bergün区間のハイキングルートをご紹介します。

IMG_4918


着工はおよそ120年も前の1898年(日本は明治31年)、その6年後に開通したレーティッシュ鉄道アルブラ線。この険しい山岳地帯にトンネルを掘り、石橋を架け、山肌を縫うようにカーブを多用することで標高をかせぎ、クールからサンモリッツまでの高度差約1200mを見事攻略しているわけですが、このような写真を目の前にすると、当時の鉄道技術とここに鉄道を通そうと考え、実行に至ったその凄まじい情熱に感服するばかりです。

IMG_4919


Preda駅を出発して約20分で石橋がこんな目の前に現れます。列車の時刻表から逆算して、ここで列車の通過を待つと良い1枚が撮れそうですね。

IMG_4927


この日はとても暑い日だったのですが、途中アルブラ川が幾度となく目の前に現れ、なんとも涼しい風景を演出してくれていました。

そして石橋とレーティッシュ鉄道をおさめた1枚です。ちなみに前9両は普通車両、後ろ6両はグレーシャー・エクスプレスが連結されていました。

IMG_5364


出発してから約1時間、線路と道路と川が交差する場所に辿り着きました。

IMG_4963


この後、十数分程上りが続き、そして下ります。道幅は狭いので、ゆっくり足元に気をつけて下ります。

出発してから1時間20分。森を抜けると視界が開けます。ホッとする景色ですよね。

IMG_4984


あとはゴール地点のBergün駅まで真っしぐら!
…といきたいところでしたが、

IMG_4998


こんな看板に誘われ、中をのぞいてみることにしました。

IMG_4994


こんな感じで数十種類のチーズやサラミ、肉にバター、ヨーグルトやミルク、アイスクリームまで無人販売されていました。ちょうど喉も渇いていたのでヨーグルトドリンクを手に入れて、可愛らしいBergünの外観を楽しみながら駅へと向かいました。

Preda-Bergünの1駅区間、列車だとたった16分ですが、ゆっくりハイキングを楽しみながらだと約2時間の道のりです。途中列車を待ちながらだと3時間程みておくと安心です。私も次回は3時間コースで、秋の黄葉シーズンに訪れてみたいものです。


ひつじフェスティバル!!

IMG_4259


ベルン州とヴァレー州の境にあるゲンミ峠にやって来ました。この日は一年に一度の羊飼い祭りの日です。空も羊たちを迎えるべく、ひつじ雲のような雲が広がっていました。

IMG_4254


羊たちがここに辿り着く前からお祭りは始まります。アルプホルンの心地よい音色にアコーディオンの軽快な音楽、そしてヨーデルの美しい歌声が湖畔に広がります。ビールやワイン、ラクレットやソーセージなどを飲んだり食べたりしながらみんなその時を待ちます。

IMG_4263


見えますか?はるか向こうに、羊たちの群れが…!
かなりのスピードで急斜面を下り、私たちがいる場所までやって来ました!

IMG_4317


この可愛い親子の眼差し。シャッターを切る手が止まりませんでした。

アルプスの山々に隔たれ、交流のなかった隣り合う2つの州の牧童たちが、お互いの親交を深めるために、州境にあたるゲンミ峠に集まるようになったのが、このお祭りの起源。そんな昔からの風習が、今では人気のアルプスの夏の風物詩になっているなんて素敵ですよね。この先、50年、100年後もこの伝統のお祭りを見られるような平和な世界であってほしいと、羊たちを見ながら感じました。

では最後にもう一枚。
"Midday in the Alps"

IMG_4309



青空が似合う景色

IMG_3214


こちらは7月1日 午前9時頃のコルヴァッチ展望台からの景色です。

お天気が良い日がしばらく続いた6月中旬、サンモリッツでも暑い日々が続いていましたが、6月下旬からお天気が崩れたため気温もぐっと下がり、コルヴァッチ展望台やスールレイ峠へのハイキングコースは十数センチの雪が積もりました。

IMG_3176


そんな雪が降った翌々日、お天気は晴れ、ハイキングコースも雪が溶けた絶好のタイミングでスールレイ峠まで行ってみると最高の景色に出逢いました。

IMG_3229


やっぱりこういう景色には青空が似合いますね!


スイス国立公園ハイキング

P1020076P1020081P1020151スイスに唯一ある国立公園を歩きました。スイスはどこもかしこも国立公園のようですが、実はスイスには一つしかありません。珍しい哺乳類、植物、鳥類が生息している動植物の宝庫です。スイスでもなかなか見られなくなった、アツモリソウも咲いていました。今がちょうど満開です。アツモリソウを探しにいらっしゃいませんか?ガイドのご用命は下記まで。

jis.chako@bluewin.ch

いいの@スイス国立公園

アルプスの天然水

IMG_4740


 湖上から失礼いたします。ローザンヌの街を後にして、レマン湖を真っ直ぐに南下。湖上で国境線を超えまして、至はミネラルウォーターの名産地として、世界にその名をはせるエヴィアン・レ・バン。レマン湖を挟んで真向かいにある、ローザンヌから35分ほどの船旅です。

IMG_4742

 エヴィアンの港に到着しました。湖畔には遊歩道とカジノやホテル、レストランが立ち並んでいます。中心部は東西に2km程、のんびり散歩を楽しむのに丁度良い広さでしょうか。

IMG_4747

 路地の奥、正面のアールヌーボー風の建物は、エヴィアン水の水源「カシャの泉」に隣接した飲水療養施設の入り口。

IMG_4751

 1903年に建てられた施設で、現在はエヴィアン社の所有物。上部に「カシャの泉」とレリーフで書かれています。

IMG_4758

 飲水療養施設の反対側に回ってきました。こちらに水源があります。

IMG_4759

 エヴィアンには複数の水源があり、どこの泉からも市販のミネラルウォーターと同じエヴィアン水が流れ出ています。ボトルさえあれば、無料で汲み放題です。そんな水源の中でも最も有名なのが、こちら「カシャの泉」。1789年にフランスの公爵がこの泉の水を飲んだところ、持病の腎臓結石が治った事から、エヴィアン水は有名になりました。

IMG_4760

 19世紀後半からは飲水及び、エヴィアン水を利用した温浴の保養地として賑わい、ホテルやカジノが建てられ、現在に繋がるリゾートに発展しました。

IMG_4749

 「カシャの泉」にほど近く、やはりアールヌーボー調の建物。こちらは街の背後の丘陵へ登るケーブルカー乗り場。氷河地形のレマン湖に面した街だけに、街は斜面に出来上がっています。歩いて登るのはちょっと大変なのですが、ケーブルカーで上がれば楽チンです。

IMG_4755

 1907年に運行を開始したこちらのケーブルカー。1969年に一度その運行を終えましたが、2002年にリニューアルして運行再開。といっても車体は100年前のまま。そもそも丘の中腹に立つホテルが運営している事もあり、完全無料。採算性を考慮しなくて良いせいか運転手さんも暢んびりしています。ノスタルジックな気分に浸りながら車窓の旅、いかがでしょうか。ちなみに冬季は運休しています。

IMG_4767

 ノートルダム・ダソンプシオン教会の斜向かいに観光局があります。教会周辺では週に二度程朝市が立っています。午後には店じまいしてしまうので、興味のある方は午前中にお尋ねになることをお勧めします。

さか
 
ギャラリー
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 黄金の日々
  • 栗祭り、開催中
  • Salbit South Ridge(ソルビット南稜)
  • Salbit South Ridge(ソルビット南稜)
  • Salbit South Ridge(ソルビット南稜)